ネットで稼ぐことは決して悪いことではありません

日本人は典型的なサラリーマンが多いためか、多くの人がお金について正しい知識を持っていません。
子供のころ、「お金のことを言うのはみっともないからやめなさい」と言われた記憶ありませんか?

これ、日本の教育上のおおきなミスといって間違いないでしょう。

確かに例えば他人からお金を恵んでもらおうとしたりして、何かを言うならこれは良くないことです。
でもなぜか株式運用で稼いだり、為替で稼いだりすると、途端に「汚いお金」呼ばわりされてしまうのが日本なのです。

笑ってしまうのは株式会社で働いているような正社員の方が平気な顔して「株はギャンブルだ」とか言っている点。
もはや私からするとギャグのつもり?と言ってしまいそうになりますが、実際皆さんの周りを見渡してもきっと似たような感じではないでしょうか?

さて、お金の話から入ってしまいましたが、何を言いたいかというと、
汗水垂らして稼いだ給料も、株式のような金融分野で得た利益もどちらも一緒のお金であるということと、
そのお金のうち金融で得たお金は汗水垂らして得た給料よりもよほど高い価値があるということです。

お金を稼いでいない人ほど、これが逆の発想になっているのは非常に面白いと私は思います。

汗水垂らして働いたお金のほうが価値があるに決まってるだろ!という人は、もうこのページを閉じてもらったほうが良いと思います。

どうして汗水垂らして稼いだお金のほうが価値が低いといえるのか分かりますか?
簡単な答え方をしてしまうと、「いかに自分の時間を浪費せずに稼いだか」ということになります。

あたり前な話ですが、時間だけはどんなお金持ちの人も貧乏な人も等しく1日は24時間しかありません。
稼ぐ人と稼がない人の違いが決定的に出るのが、「何時間浪費して稼いだか」あるいは「稼ぐのに自分の時間を使ったか使わなかったか」といった時間の部分ですね。
つまり、自分の時間を消費せずに、多くのお金を稼ぐ方法こそが一番大事で価値がありますよ、と。

これさえわかっていれば、いかにサラリーマンという仕事がバカバカしいものなのか、わかりやすいのではないでしょうか。
そう、彼らサラリーマンは時間を売ることでしか給料をもらえないわけですから、最も価値の低い稼ぎ方となるわけですね。

ここまでを理解したら後は行動あるのみです。
では、どのような稼ぎ方が正解か。
例えば小玉歩 TheMailMagazineといった情報商材。
こういった現実に稼いでいる人の手法をとにかく真似てみること。

最初は真似をしてみて、そして自分なりのやり方を取り入れていけば良いだけです。

数年後、きっと自分の時間をほとんど使わずにお金を稼ぐことができるようになり、さきほどのお金の価値の話も理解できるようになっていると思います。